「立夏,橘梗」,キョータ/䝢㲳(Tatsuo)

沒有見過橘梗或者見過但是不認識是橘梗,總之立夏來了,總是帶著無窮幻想和憧憬的季節宣告到來,可是找不到夏天的意義,如同「總是期盼夏天到來,而在夏天等待夏天結束」。也許不該期望季節輪替的某段時間,似乎沒有特別之處,就如現在還有點冷一樣,要繼續半月的陰雨。

向日葵,我有嗎?

橘梗,我有嗎?

回憶,我有嗎?

立夏還不如不立,夏天更喜歡悄悄來到,悄悄溜走,在十月乞求夏天快點結束而在五月乞求快點來到,顯然我還不夠成熟。

「例えばもし
“假如說
別の世界で出會ってたら
我們能在另一個世界相遇
この先も手を
從今往后
重ねて隣にいられたのかな」
是否也能攜手同行?”
突然の言葉に
突然的話語
僕は我慢していた
我雖隱忍於心
涙が溢れ出した
淚水卻止不住溢出
これからも
“從今以后
ずっと一緒だよって
永遠在一起”
それしか言えなくて
除此之外的話說不出口
強く目を閉じた
盡力閉緊雙眼
どうかお願い君を苦しめる
請將你內心的痛苦
すべてが僕の所に
全部交付於我
近くに君を感じる
讓我在你的身邊感受
耳元から聞こえる
在你的耳邊傾訴
君の泣き聲が悲しくて
你哭着說的話如此痛徹
「とても幸せでした」
“我曾經很幸福”
最後まで君は
直到最后
僕に想いを伝えてくれた
你對我說出實話的
夏の日
那個夏天

子供のように
你像孩子一樣
いつも笑顔で笑ってたね
總是帶着笑容
僕が飽きないように
我總是不會倦怠
話を続けてくれたね
聽着你口若懸河
いつまでも
“無論直到何時

変わらない君の心
你的心都不會改變
甘えていたのは
總能讓我撒嬌”
僕の方だったごめんね
對不起 我曾是這樣以為

待ちに待った
曾經期待很久的
お祭りの日
夏日祭典
「金魚すくい來年こそは
“明年再來玩救金魚
負けないからね」
我才不會輸給你呢”
って君は言ったのに
你曾對我說過
遠くに君の聲がする
仿佛聽見遠方你的聲音
「泣かないで
“不要哭了
約束守れなくてごめんね」
對不起我沒有遵守約定”
って消えそうな聲で
若即若離的你的聲音
一年前に戻れたら
如果能回到一年前
今以上に手を繋いで
想要更多的牽你的手
後悔のない時間を
想要和你一起
過ごしたかった
度過無悔的時光

もしまた違う形で
如果能換一種方式
出會えたとしたら
再度與你相見
君はまた
你是否依舊
笑顔になってくれますか
會對我露出笑容
二人過ごした時間は
我們一起度過的時光
もう二度と繰り返さないけれど
已經是無法回到的過去
かけがえのない瞬間でした
卻是我無法割舍的瞬間
二人の想いは散っていき
屬於兩個人的回憶逐漸消逝
僕は一人殘されていた
最后只留我孤身一人
目を閉じた
閉上雙眼
君をただひたすらに
你也僅僅是
見つめていたんだ
在一旁注視着我
僕もとても幸せでした
我也足夠幸福了
君の目から
從你的眼中
最後の涙が落ちた
墜落了最后一滴淚水
本當に
真的
ありがとう
謝謝你
「例えばもし
“假如說
別の世界で出會ってたら
我們能在另一個世界相遇
この先も手を
從今往后
重ねて隣にいられたのかな」
是否也能攜手同行?”
突然の言葉に
突然的話語
僕は我慢していた
我雖隱忍於心
涙が溢れ出した
淚水卻止不住溢出
これからも
“從今以后
ずっと一緒だよって
永遠在一起”
それしか言えなくて
除此之外的話說不出口
強く目を閉じた
盡力閉緊雙眼
どうかお願い君を苦しめる
請將你內心的痛苦
すべてが僕の所に
全部交付於我
近くに君を感じる
讓我在你的身邊感受
耳元から聞こえる
在你的耳邊傾訴
君の泣き聲が悲しくて
你哭着說的話如此痛徹
「とても幸せでした」
“我曾經很幸福”
最後まで君は
直到最后
僕に想いを伝えてくれた
你對我說出實話的
夏の日
那個夏天

子供のように
你像孩子一樣
いつも笑顔で笑ってたね
總是帶着笑容
僕が飽きないように
我總是不會倦怠
話を続けてくれたね
聽着你口若懸河
いつまでも
“無論直到何時

変わらない君の心
你的心都不會改變
甘えていたのは
總能讓我撒嬌”
僕の方だったごめんね
對不起 我曾是這樣以為

待ちに待った
曾經期待很久的
お祭りの日
夏日祭典
「金魚すくい來年こそは
“明年再來玩救金魚
負けないからね」
我才不會輸給你呢”
って君は言ったのに
你曾對我說過
遠くに君の聲がする
仿佛聽見遠方你的聲音
「泣かないで
“不要哭了
約束守れなくてごめんね」
對不起我沒有遵守約定”
って消えそうな聲で
若即若離的你的聲音
一年前に戻れたら
如果能回到一年前
今以上に手を繋いで
想要更多的牽你的手
後悔のない時間を
想要和你一起
過ごしたかった
度過無悔的時光

もしまた違う形で
如果能換一種方式
出會えたとしたら
再度與你相見
君はまた
你是否依舊
笑顔になってくれますか
會對我露出笑容
二人過ごした時間は
我們一起度過的時光
もう二度と繰り返さないけれど
已經是無法回到的過去
かけがえのない瞬間でした
卻是我無法割舍的瞬間
二人の想いは散っていき
屬於兩個人的回憶逐漸消逝
僕は一人殘されていた
最后只留我孤身一人
目を閉じた
閉上雙眼
君をただひたすらに
你也僅僅是
見つめていたんだ
在一旁注視着我
僕もとても幸せでした
我也足夠幸福了
君の目から
從你的眼中
最後の涙が落ちた
墜落了最后一滴淚水
本當に
真的
ありがとう
謝謝你

謝謝你。

發表留言

在下方填入你的資料或按右方圖示以社群網站登入:

WordPress.com 標誌

您的留言將使用 WordPress.com 帳號。 登出 /  變更 )

Google photo

您的留言將使用 Google 帳號。 登出 /  變更 )

Twitter picture

您的留言將使用 Twitter 帳號。 登出 /  變更 )

Facebook照片

您的留言將使用 Facebook 帳號。 登出 /  變更 )

連結到 %s

%d 位部落客按了讚: